消費者金融のカードローンの利用を家族に知られたくないという人がいまだに少なくありません。現在は貸金業法による厳しい規制があり、消費者金融が本人以外の人に社名を告げたり、郵送物に社名を記したりすることはありません。

ただそれでも、聞いたこともない会社から郵送物があれば家族は気にします。仮に、インターネットや電話からカードローンに申し込むと、必ずローンカードや契約書類が郵送されます。それを避けられるのが、「自動契約機」の利用です。自動契約機から申し込めばその場で審査から契約書作成、カード発行まで行われるため、郵送物が送られることはありません。

次に、「利用明細書」の問題があります。カードローンで借入や返済を行うと利用明細書が必ず発行されます。それは、貸金業法によって、借入残高や借入可能額、返済期日などを記載した明細書の交付が義務付けられているからです。この問題の解決には借入や返済をATMで行うようにすれば、その場で利用明細書を手にできます。

ところで、銀行口座への振込キャッシングや口座振替による返済などを行うと、利用明細書が郵送されることになりますが、実は現在は利用明細書の交付が書面ではなく、電子媒体による交付も認められているため、利用者がWEBサイトでの確認を希望した場合は、利用明細書の郵送が無くなります。業者のホームページから電子媒体での確認を申し込めます。

ただし、利用明細書の郵送を必須としている消費者金融もあるので、事前の確認が必要です。