ここでいうクレジット機能を利用した現金化というものは、クレジットカードそのものを現金化するのではなくて、Amazonギフト券などのような商品券をクレジットカードで購入をして、支払いはそのままの状態でギフト券を買取専門業者などへ売却をして、現金化をしていくといった形です。

そのため法律上も特に問題はありませんので、多くの現金化を希望する方により採られている、一番安全な手段や方法の類といえます。それでもただ、どうしても気を付けなくてはならない面があります。それは、購入したAmazonギフト券などの買取をしてくれる各専門事業者が、どれだけ信用・信頼などが出来るところであるのかについてです。やたらと買取率についての高さを誇張し、手数料無料などを公然と過剰に宣伝をしたりしているところは要注意です。そのようなところの場合には、買取申し込みの際に手数料とは別な手続き上での交換料金などといった名目で買取額を極端に少なく見積もられたり、あるいは最悪の場合には個人情報を勝手に売買をされたりするなど、最悪な事態やトラブルなどに巻き込まれたりする可能性は大いに考えられます。こうした事なども頭に入れながら、正直に買取率の高さを89%前後での表示をしていたり、手数料などに関しての表記なども正直にしていたりするなどの配慮をしている、誠実で信頼可能なところを選んでいく事が、とても大切です。