医療機関で受けられる治療によっては保険が効かないことがあります。

3割自己負担では無く10割自己負担になるため、治療によっては大きな負担となることがありました。

中にはメディカルローンを用意する医療機関があり、治療費の分割払いが出来ます。

しかし医療機関が直接提供するローンでは無く、提携の信販会社が提供しているために審査に合格することが必要です。

信販会社は手数料が収入源となっているため、メディカルローンを利用すると分割手数料が発生します。

メディカルローンの他にもカードローンから借りると言う方法があります。

メディカルローンの場合は提携信販会社に限られてしまいます。

しかしカードローンなら自由に選ぶことが可能です。

銀行のカードローンなど選び方次第ではメディカルローンの手数料より負担が少なくなることがあります。

カードローンで借りたお金を治療費の支払いに回します。

その後は完済出来るまでカードローンに毎月返済を行います。

カードローンもメディカルローン同様、審査があります。

信販会社よりも銀行の方が審査が厳しくなると言う点には注意が必要です。

50万円以上、100万円以上など高額な治療費が掛かった場合はカードローンだけでは賄えないことがあります。