私は、とある会社に入社しました。しばらくして正社員になり労働組合の一員となりました。

労働組合から財形預金、財形年金などの貯蓄を勧めれ、その通り口座を作りました。

その労働組合からの勧めのなかで、労働金庫のカードローンを作ってみませんか?という事で何のためらいもなくつくりました。

しばらくは全く利用しませんでしたが、お金が必要になり数万円を借り入れしました。

利用後は非常に助かりました。しかし、しばらくは借金をした事への罪の意識にさいなまれていました。

しかし少しずつ利用する事によって感覚が麻痺していきました。そうこうするうちに限度額一杯となりました。

しばらく迷いましたが別のカードローンを作りました。そのカードも最初は小額の利用でしたがやはり感覚が麻痺していき、どんどん使うようになり、そのカードも限度額一杯となりました。

それからはあまりためらいもなく次のカードローンを作り、最終的に300万位の負債を抱えてしまいました。

カードローンは緊急時には非常に便利です。しかし使い方を間違えると多額の負債を抱え込む事につながりかねません。

もっと悪くなれば多重債務となり、一歩間違えれば法を犯してしまい、TVにでているような横領、詐欺、あるいは殺人などといった事になる事もありえます。

皆さんも気をつけてカードローンを利用してください。